当サイト人気No.1の自然派化粧水お試しセットはこちら ≫≫

ヒートテック、使い古した後は再利用!万能の掃除クロスに大変身。

”衣”のこと

 

ヒートテック、近年ではどんどん改良されて

消費者がより使いやすいように改善されていますね。

なんといっても、温かい!!

 

私は、よく寒い日にヒートテックを着ていますが

だいたいの寿命は2シーズンでしょうか。

2年も着れば、十分使ったな。というくらい朽ちます。

 

生地が薄くなってきて、それにともなって

保温効果という最大の機能が低下してくる…。

 

薄くなってきたら、思い切って新しいものを買います。

 

”もったいない” でモノを大切にすることは大事。

だけども、機能していないものをダラダラと使うことは効率が悪いし、

そのあたりは見切りをつけて、新しいご縁を探すほうがいい運気が舞い込みます

 

そんなわけで、使い古したヒートテックは捨ててしまいますが

我が家のヒートテックに課せられるのは、捨てる前の

もうひとつの大きな仕事。

 

冬の防寒という役割に、負けず劣らずのいい仕事をしてくれるのがヒートテック!

 

”身体を温めてくれる肌着” という役職から、

最後は ”お家のお掃除屋さん”という役職を担当してくれる。

 

その姿勢には、

激落ちくんも開いた口がふさがらない(たぶん)

最高のヒートテック再利用、驚きの仕事ぶりが見られました(^^)

 

Sponsored Links

・ヒートテックの素材

 

ヒートテックの素材は、ユニクロの公式ホームページによると

だいたいのものが

38% ポリエステル

32% アクリル

21% レーヨン

9% ポリウレタン

という割合で出来上がっているようです。

 

では、このヒートテックの素材が

なぜ、掃除道具の役割になるのでしょう?

 

1.ポリエステル

 

よくある、一般的なスポンジですが

そのスポンジの素材として使われる材料が、ヒートテックには多く含まれています。

 

たとえば、ポリエステル。

ヒートテックの素材の4割近くを占める素材になっています。

 

このポリエステルは、市販のスポンジの材料でもあるんですね。

この商品なんかは、ポリエステルを使っています。

2.アクリル

 

アクリルは、たわしで有名ですね。

”アクリルたわし”

あなたも一度は、聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

義理の母が、よくこのたわしを作ってプレゼントしてくれます(^^)

めっちゃ汚れが落ちる!

 

 

3.レーヨン

 

レーヨンは、スポンジというよりはふきんに多い素材。

こちらのようなふきん、よく見かけますよね。

絹に似せて作られた再生繊維。吸水性が良く、柔らかい素材です。

 

4.ポリウレタン

 

このタイプのスポンジもよく使われていますね。

 

 

このように、ヒートテックに使われている材料はすべてが

スポンジなどにも使われるものと同じような素材を使っていることがわかりました。

 

ヒートテックとスポンジ。

含まれる素材の割合と、最終的な形が違うだけで

こうも別物に仕上がるものなんやなぁ(゚∀゚)

 

 

・使い古したヒートテックは「着る」から「切る」へ

 

なんだかちょっと、

しょーもないシャレのような見出しになってしまいましたが(照)

まさに、着ていたヒートテックは、切ることになります。

 

1.好みの大きさにカット

 

思い切っていきましょう!

 

私のいつものパターンは、まず縦に半分に。

 

 

それから、細長い包帯状のものと

小さくカットしたものと。

これは、使う方や使う場所それぞれのお好みですね。

 

 

和室に、切られたヒートテックを並べている図です。

 

浜辺で、海苔を乾かしている図ではありません。

 

2.大きさの種類は、様々がオススメ

 

自分で好みの大きさを決めて切ったほうがいいのは

掃除したいところのサイズに合わせて切ったほうが

効率よく使えるから。

 

我が家で、キッチンの蛇口を磨くときはこんな感じです。

 

蛇口の裏の、スポンジが届きにくいところに

包帯状のヒートテックを回しこんでゴシゴシ。

 

包帯状を広げて、表面をゴシゴシ。

 

包帯状を1枚、細かーい隙間に入れ込んでゴシゴシ。

 

自分が使いたいところに合わせて

形を変えながら使えるのがかなり便利です。

細かいところの奥を磨けたら、スッキリしますよ(^^)

 

・洗面台もピカピカに

 

同じ要領で、洗面台の蛇口を磨いたビフォーアフターです。

 

1.ビフォー

 

水垢に手垢に、ベタベタと付いてますねー。

くすんでます。

 

これを例のごとくヒート包帯でゴシゴシ。

 

 

2.アフター

 

じゃじゃん!

キラリーン。

 

水垢手垢、スッキリ!

 

↓ 左が汚れ蛇口で、右がキラリン蛇口。

もう、老いぼれボロ雑巾とは言わせない!

 

わしゃまだまだ現役じゃ、とでも言わんばかりの仕事ぶり。

圧巻です。

 

・磨き方

 

磨き方、なんて得意げに張り切って見出しをつけたものの、

たいしたコツがないのが申し訳ない次第でございます。

 

1.磨く

 

乾いたヒートテックを、

自由自在の形に変えて磨く。

 

ちょっと水気が欲しかったら、少々水で濡らして磨く。

 

以上。

 

2.注意点

 

注意点というほどでもないのですが、

カットするときに裁ちばさみを扱うので気を付けてください。

 

黒いヒートテックを切るときには、

向こう側が見えないので、手を切ってしまわないように注意。

 

 

ここまで使い切ったら、ヒートテックも本望でしょう。

 

たむけた花束が、まるで送別会のワンシーンのようになってしまいました。

 

 

一時は危うく、ボロ雑巾と呼ばれかけたヒートテックの

最後の意地と底力を垣間見た気が。

2年間、ありがとう。

 

着れば、温かい。

着終われば、あらゆるタイプのスポンジの性質を持ち合わせた、最高の相棒です。

 

・まとめ

 

今回は、

ヒートテック、使い古した後のひと仕事!

万能の掃除クロスに大変身させる方法のお話でした(^^)/

 

インナーとしても温かくて大活躍。

インナーを卒業したら、お家のお掃除に大活躍

 

使い古したヒートテックは、捨ててしまうその前に、

ササっと済ましたいお掃除の良きパートナーになってくれますよ♪

 

 

エス氏
ちなみに、僕の革靴磨きにもばっちりです!
KIRA
今日も読んでくださり、ありがとうございました♪

コメント