当サイト人気No.1の無添加化粧水(導入水)はこちら ≫≫

洗って使えるペーパータオルが衛生的でおすすめ。強度も検証しました!

“住”のこと

 

 

キッチンに欠かせない台ふきや、お家のお掃除には絶対必要な雑巾。

 

今まで私は、キッチンで使うフキンやタオル、洗面所で使うタオルがくたくたになってきた頃合いを見て、くたくたのタオルの役割を雑巾へと移行していました。

 

 

あなたも一度は見たことがありますでしょうか?

こちらのペーパータオル。

 

 

ドラッグストアで買い物中、何気なく見つけたこのペーパータオルを購入し使い始めた私は、このペーパータオルの虜になりました。

 

とにもかくにも、めちゃくちゃ便利で驚いたので、普通のペーパータオルと比較してみました。

 

Sponsored Links

・洗って使えるペーパータオルの利点

 

洗って使えるペーパータオルは、その名の通り、何度も洗って使用できます。

 

使い方は、家庭によってさまざまで応用できるかと思いますが、実際に私が使って感じた利点を挙げていきますね。

 

1.衛生的

 

 

この写真は、我が家のキッチンのタオルハンガーに洗って使えるペーパータオルをかけているところです。

 

ご覧のように、我が家ではキッチンは普通のタオルを辞めて、洗って使えるペーパータオルで手を拭くようになりました。

 

普通のタオルも、洗濯すればもちろん不潔ではないのでしょうけれど、タオルの小さな繊維やゴミが付いていることもあります。

タオルと一緒に洗濯した衣服などの繊維が付いていたり。

 

特に、ペットと暮らしている方は経験があるかもしれませんが、洗濯物にペットの毛が付いてしまったりするんですよね。

 

我が家も例外ではなく、キー子の換毛期の時期の洗濯物はそれはそれは悲惨です。。

 

洗濯済みのタオルにもキー子の毛が付いてしまうことがあるのですが、そのタオルをキッチンタオルとして使うことで、料理中に手を拭いたとき、キー子の毛が付くという事態に。

 

タオル一枚一枚、コロコロをするのも面倒くさい。

 

 

 

それが、この洗って使えるペーパータオルに変えてみると、なんとまぁ普通のタオル並みに何度も手を拭けるではありませんか!

 

衣類の繊維もペットの毛も気にすることなく、心置きなく手をゴシゴシ拭くことができるようになったのです。

 

とにもかくにも、衛生的!

 

 

2.強度が良く、丈夫

 

洗って使えるペーパータオルは、普通のペーパータオルと比較してとても丈夫です。(比較は後述しますね。)

 

我が家での使用方法は、

1.手を拭くキッチンタオルとして使う
2.1~2日使ったら、台フキにする
3.台フキとしても1~2日使ったら、棚のホコリが気になるところを拭く雑巾へ。
4.棚拭きの雑巾として使ったら、最後は床拭き雑巾に。
5.お疲れさまでした、ありがとう。

この流れで使っています。

 

1.手を拭いて

 

2.台フキにして、(しょう油かなんかで汚れてますがw)

2日も使うと汚れてきますので、そのあとは…

 

3.棚やほこりが気になるところをフキフキ。

 

4.そして最後は、床掃除に。

 

めーっちゃ使えますよね。

 

で、さらにビックリなんですけど、これだけあらゆるところ拭きまくっても、

 

一か所たりとも破れていないという頑固さ強さとはいかに!

 

正直、ここまで雑巾として使ってもまだまだ使えそうなので、捨てるのはもったいないなぁと思うほどです。

実際、室内の床拭きに使ったあとはベランダの手すりや玄関掃除にも使えますよー。

 

3.コスパがいい

 

気になるところは、そのお値段。

毎日使いのものは、なるべく安価なものがいいですよねー。気軽に使いやすいし。

 

私が使っているスコッティのペーパータオルは、

61カット1ロール  ¥284(amazon価格)  です。

※購入する店舗によって、金額は異なります。

 

 

私は、1回に使う枚数はいつも2カットずつで使います。(タオルハンガーにかけて使うため。)

 

単純計算で、1日に2カット使うとして1ヵ月で、

2カット × 30日 = 60カット

 

1ロール(61カット)で1ヵ月は持つという計算になりますね。

 

・衛生的で、

・かなり丈夫で、

・コスパがいい!!

 

これぞまさしく、主婦の味方だと思う。

考えた人、天才やろ。

 

小さいお子さんがいらっしゃるご家庭は、食べこぼしを拭いたりにも使えますね。

 

 

 

・普通のペーパータオルとの比較

 

ではここで簡単に、普通のペーパータオルと洗って使えるペーパータオルの比較をしてみましょう。

 

1.大きさの比較

 

 

【普通のペーパータオル】

220(横)×228(縦)mm

 

【洗って使えるペーパータオル】

242(横)×270(縦)mm

 

普通のペーパータオルと洗って使えるペーパータオルの大きさを比較してみると、大きさは洗って使えるペーパータオルのほうが大きいようです。

 

約1.2倍くらいの大きさでしょうか。

 

2.しぼった状態の比較

 

普通のペーパータオルと、洗って使えるペーパータオルをそれぞれ水に濡らしてギュッと強くしぼってみました。

 

まずは普通のペーパータオル。

普通のペーパータオルは何といいますか……ひょろひょろですね。

頼りない感じ?

 

続いて、洗って使えるペーパータオル。

ででーん。

 

洗って使えるペーパータオル、貫禄感じませんか。

妙にどっしりとして。

 

もちろん、しぼった枚数はそれぞれ2カットで、同じ条件です。

 

見るからに、丈夫そう。

ぱっと見、普通の台フキに見えなくもないような…。

 

それほど、しぼってもダメージがありません。

 

3.しぼった後に、開いた状態の比較

 

先ほどの、ギュギュっとしぼられたそれぞれのペーパータオルを開いてみましょう。

 

 

普通のペーパータオルは、破れこそないもののシワシワで、正直あと一回洗ってしぼって開いたら、完全に破れてます。

 

反対に洗って使えるペーパータオルは、シワも少なく特にへこたれていない様子。

 

そりゃまぁ、そうですよね。

家じゅう拭きまくられて、くたくたに働かされても、

これ↑やからな。

 

 

 

 

・洗って使えるペーパータオルの口コミ

 

以上のように、使いやすさ抜群の洗って使えるペーパータオルですが実際のところ欠点も気になります。

使いにくいところとか、もっとこうあればいいのに、とかね。

 

で、使いながら欠点も探したんですが、今のところ私が感じた欠点という欠点は、無いのです。ほんまに。

何の文句も無い良き相棒です。

 

なので、全国の”洗って使えるペーパータオル愛用者の方々”の意見を頂くべく、amazonレビューから様々なお声を抜粋させていただきました!

 

1.洗って使えるペーパータオル口コミ 高評価まとめ

 

・1日1枚で食器をふく布巾がわりに使用してますが、かなり丈夫でいいです。
使用後は干しておいて翌日は窓や玄関タイルやトイレの床ふきをして捨てています。それぐらい使用してもやぶれません。
・普通のペーパータオルと比較して価格割高に感じるかもしれませんが、1枚で十分な強度と厚さと吸水力があるので、普通のペーパータオルなら数枚必要なところ1枚で良いので結果コスパはこちらの商品の方がいいと思います。
破けたり、紙の繊維のようなものが残る事もありません。
・確かに繰り返し使える。食器拭きの後、テーブル拭きやキッチン周りのお掃除にも・・・汚れたら最後に心置きなく捨てられるのが良いです。
・掃除の時に雑巾を洗うのが面倒な時、ちょっとタオルで拭くのが面倒な時に使い捨て雑巾のようにして使ってます!破けないし、数回もみ洗いしても繊維が出ないので使い勝手がいいです!
・食器を拭いたりなんでもキッチンペーパーを利用してましたが、ゴミも増えるし環境にも良くないしコストもかかる…,何で今までこの商品にしなかったんだろうと思うくらい使えます!食器を拭いたり使い切った後は床を拭く作業に利用したりと一枚で破れる事なく何度も使えます。
・素晴らしく気に入ってます。食器洗いのスポンジ代わりに使ったり、数回使ったらテーブル拭きに使ったり。ある程度使って捨てられるので、今まで台拭きの消毒とか面倒臭いことが減りました。

 

2.洗って使えるペーパータオル口コミ 低評価まとめ

 

・以前使ってよかったのでまた購入しようと思ったら 韓国製なの??日本で作ってくれないかなあ・・
・最悪! 買い始めた頃は日本産と書いてあったはずなのにいつの間にか韓国産に。。。 気に入っていたのに残念です。
・何かがついてる?ベタつきがあるように感じます。洗えて使えるのは便利ですが…
・巻き止まりの部分にだけでなく、使用していく途中の部分にも同じように糊が付いていてお皿を拭くには何となく気持ちが悪いです。
きつくしっかりと巻いていくには仕方がないのでしょうか。繰り返し使用できる点は良いと思いますが・・・
・キッチンをすっきりさせるのに、布巾ではなくスコッティファインを使用しているというブログをみかけて、いいかも!と思い購入したところ、がっかりな韓国製!
もう、ヤダ!食器拭きには使用できません。ぞうきん代わりですね。
なるほどです!
低評価の意見を拝見すると、どうやら皆さん”韓国製”ということと、製造の上での”糊”が気になっていらっしゃる模様。
韓国製に抵抗のある方には、向いていないかもしれませんね。
確かに、安心安全という意味では日本で作られていたほうがさらに有難いですよね~。
そのあたりは、今後のスコッティさんの動きに期待したいところです。

・その他、洗って使える系のペーパータオル

 

今回紹介した商品は、私が実際に使ってみて良さを感じた、スコッティファインの洗って使えるペーパータオル。

しかし調べてみると、世間にはこの商品以外にも 洗って使える系のペーパータオルがあるようなので、最後にそちらも挙げていきますね。

 

1.カークランド ロールタオル

 

カークランドのペーパータオルは、コストコで販売されているものだそう。

私は使ったことはありませんが、愛用者も多いようですね。

 

コストコに行かずとも、ネットで購入できるのが助かります。

 

2.バウンティ

 

バウンティも、コストコやネットで販売しています。

 

丈夫でしっかりしているので使いやすいという意見もある反面、プリントされている柄の模様が落ちるのが気になる、といった意見も見られました。

 

 

・洗って使えるペーパータオル まとめ

 

今回は、私がキッチンで愛用しているペーパータオルについてのお話、

【洗って使えるペーパータオルが衛生的でおすすめ。強度も比較しました。】

というお話でした。

 

実際に使ってみると、ご自身での使い方や活用方法がさらに見えて、使いやすさを感じられることでしょう。

 

しかし今回ご紹介したように、低評価の意見も少数派ではありますが見られましたので、ご購入の際にはその部分も参考にしていただければ嬉しく思います!

 

プリント付きもあるみたい。

無地よりは、少々割高ですね。

 

 

KIRA
今日も読んでくださり、ありがとうございました!

 

コメント