なめ茸は、手作りがお得で美味しい!超簡単、なめ茸の作り方とアレンジ法。

あなたはなめ茸、好きですか?

この記事のタイトルの時点で、おそらくもうバレてると思うんですけど、私、なめ茸大好きなんです。(゚∀゚)

単なるキノコの佃煮の、何が魅力かって?

単なるキノコの佃煮を侮ることなかれ。

まず、ご飯にめっちゃ合う!

ご飯何杯でもイケるってまさにこれ!

KIRA
ご飯好きな我が家のお話は、こちら↓の記事をどうぞ
私たちが毎日食べるお米。ちょっとの工夫で、いつでも新米のように美味しく食べることができますよ(^^♪

ってことで、なめ茸消費率が高い我が家は、

安いキノコを買って自作して、もちろん常備です。

このなめ茸、ご飯のお供だけじゃなくていろいろな使い道があるのもお気に入りポイントのひとつ!

買うよりは作ったほうが断然安いし、作るっていうほど手間もかからないので

ちょっとした一品にもってこいですよ♪

今回はそんな、なめ茸大好きな女が

”なめ茸は、手作りがお得で美味しい!超簡単、なめ茸の作り方とアレンジ法。”

をお送りします(^^)/

スポンサーリンク

・ナメタケとなめ茸

ナメタケとなめ茸の違いって何でしょう?

私は、お恥ずかしながら今回調べてみて初めて知りました(゚∀゚)

1.ナメタケ

ナメタケって、一般的にキノコ類全体のことを表す言葉だそう。

”シイタケ” とか ”松茸” とかみたいに、

”ナメタケ” というキノコが存在するのかな、なんて思っていましたがそうではないそうで。

地域によっては、違う意味で使う場合もある。 とのこと。

キノコ全体のことを”ナメタケ”と呼ぶ地域があるということでしょうか(^^)

2.なめ茸

こういった”なめ茸”がみなさんご存知の俗にいう、なめ茸ですね!

瓶詰された、エノキ茸の佃煮。そう、私の大好物のあれ。

このなめ茸の発祥は、昭和30年代に京都・嵐山の料亭で開発されたのが始まりで

そのまま一般家庭に普及したそうです。

※2018.6.1 なめ茸の発祥、訂正しました。

なめ茸の発祥は、この、瓶詰めされている商品の製造元、小林農園さんだそうです。

以下、小林農園公式HPより抜粋。

創業者 小林崇章が高校時代から興味を抱いた“菌”の研究から、えのき茸の栽培研究につながり、やがて世界初のえのき茸の冷房栽培技術を確立。そしてパートナー会社と協力して、世の中に初めて『なめ茸』を誕生させました。

yy様、ご指摘ありがとうございました!!(^^)

・超簡単!なめ茸の作り方

スポンサーリンク

ではではここからは、毎度!我こそはズボラ主婦。

の、なめ茸の作り方です。

1.特売でエノキを買ってきて、切る

市販で売っている瓶詰のなめ茸って、

エノキを細かく切っているものが多かったりするのですが

私はお箸で挟んで取りやすいほうがいいので、

2分割くらいの大きさに切っています。

2.小鍋にだし醤油を入れる

エス氏
どのくらいの量入れるん?
KIRA
……適当やね。
エス氏
……。

計ったことがないのですが、だいたい200mlくらいかと思います!

我が家は、ここに少々みりんを足して、味付けは完了。

めんどくさいんで、砂糖だの出汁だのは入れません。

KIRA
我が家が使っているだし醤油とみりんについては、↓こちらの記事にまとめています
基本の調味料は、昔ながらの製法で作られたこのがオススメ。シンプルだけど味わい深い、歴史の風味があるとっておきの調味料をご紹介します。

なるべく日持ちさせたいので、エノキから出てくる水分以外は

水や出汁は足さずに調味料だけの味付けです。

3.お好みで、鷹の爪や一味唐辛子を

これは、完全にお好みです。

我が家は二人とも辛いの好き夫婦なので

鷹の爪はレギュラーメンバーですね(^^)

このまま弱~中火で火にかけます。

4.エノキを入れる

ふつふつと沸いてきたら、エノキを入れて

エノキがしんなりしてくるのを待ちます。

しんなりしてきた様子!

さらに、このまま放置して全体がブワッと沸いてきたらOK!

5.火を止めて、完成!

あっというまに出来上がり!

用意しておいた、容器に入れて完成しました(^^)

エノキには申し訳ないくらい、

ほぼ放置で完成したようなもんですわ!

エノキ一株100円くらいと、調味料少々

大きな瓶いっぱいくらいの量が出来上がりますよ♪

・自家製エノキのアレンジ方法

ご飯のお供はもちろんのこと、他にもあらゆる場面でいい仕事をしてくれる自家製なめ茸。

1.なめ茸納豆

いつもの納豆、付属のタレは使わずに

自家製なめ茸でズルズルっといきます。

1パック+全卵+なめ茸スプーン1杯

味の染みたなめ茸と、納豆が最高にマッチしてますますご飯イケます(^_-)-☆

2.なめ茸のせ温奴

温奴の味付けを、なめ茸のみで。

お豆腐の大豆の風味によく合いますよ(^^♪

お豆腐は我が家はもちろん、くぼさんのとうふです。

KIRA
くぼさんのとうふの記事は、こちら↓
くぼさんのとうふは、香川県の有名豆腐店。香川県の名産です。そんなくぼさんのとうふの社長さんに聞きました!くぼさんのとうふの、商品や消費者に対する想い、本当に安心安全な豆腐の選び方、市販の豆腐を出来立ての風味で食べる方法など、今すぐ美味しい豆腐が食べたくなる情報をまとめています。

3.肉団子の味付け

お鍋に入れる肉団子、つくね類の味付けもなめ茸のみ。

エノキがつくねの具のひとつになって、お得感あります。

エス氏にも評判のメニュー(^^)

4.パスタのソースに

今回写真はありませんが、パスタのソースにもなります。

1.熱したオリーブオイルでニンニクと鷹の爪を炒める

2.香りがしてきたら好みのキノコを炒める

3.バターとなめ茸を投入して塩コショウで味を調える

4.湯がいたパスタと、パスタの湯をお玉1杯いれ、ソースと絡める

5.色どりにカイワレや大葉などをのせる

きのこのペペロンチーノの完成。

ありとあらゆる使い方ができますが、

基本的に和洋中何にでも合いますよ♪

我が家のなめ茸はこのように、他のメニューのレシピにも味付けとして使って

薄まっても大丈夫なように、若干濃いめに作っています。

お好みで、ご自宅で調整してくださいね(^^)/

・市販のなめ茸

ちなみに、市販のなめ茸でオススメ出来そうなものは、

小林農園さんの商品が一番だと思います。

自然にこだわります。健康にこだわります。味にこだわります。

原材料がシンプルで美味しい。

市販のなめ茸ランキングでもトップレベル、納得!

・まとめ

今回は、なめ茸大好き女が送る

”なめ茸は、手作りがお得で美味しい!超簡単、なめ茸の作り方とアレンジ法。”

のまとめでした(^^)/

納豆に温奴、つくねの味付けにパスタソース。

何にでも合うなめ茸、ぜひ常備菜のひとつにどうぞ♪

KIRA
今日も読んでくださり、ありがとうございました!

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

フォローする

コメント

  1. yy より:

    なめ茸の由来は小林農園のHPに記載されている
    なめ茸を開発普及させたのは京都の料亭でなく小林農園

    • kira より:

      yy様

      なめ茸発祥の由来について、詳細を教えてくださりありがとうございました!
      小林農園のHPを確認し、記事本文の訂正をさせていただきました。

      yy様がくださったコメントのように、読者の皆様のご意見に支えられて当HP”しぜんとくらし”を運営することが出来ています。

      今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
      (お返事が大変遅くなり、申し訳ございませんでした。。)

      管理人 KIRA