サーモスのタンブラーは保温効果がすごい!陶器タンブラーと比較してみてわかったこと。

私が昨年購入したものの中で、トップ3に入るほど

「買ってよかった!!!」

と思えるもののひとつが、サーモスのステンレスタンブラー。

夏でも冬でも、飲み物を飲むときには手放せません。

今日の記事は、

”サーモスのタンブラーは保温効果がすごい!陶器タンブラーと比較してみてわかったこと。”

サーモスのステンレスタンブラーの魅力について語ります(^^)

スポンサーリンク

・保温効果の実験

最近は季節柄、このタンブラーでは温かい飲み物を飲むときに使用することが多いのですが、

実際に温かい飲み物を飲む際、どれくらいの保温効果を発揮するのか調べてみました(^^)

1.300mlの熱湯の温度は、どれくらい維持できる?

実験の対象は、

サーモスステンレスタンブラーと

陶器製のタンブラー。

80度まで沸かしたお湯をそれぞれ300mlずつ投入して、そのお湯の温度の経過を追います。

ひとまず、30分後のそれぞれの温度を調べてみます。

それでは、スタート!

タンブラーには同温のお湯(80度)を注ぎましたが

開始直後の時点で、すでに温度差が見られました。

開始直後の温度↓。

80度のお湯の温度は開始直後、

サーモスのタンブラー  71.5度

陶器製のタンブラー   59.5度

という温度に変化。

その差、すでに約12度になります。

2.開始から30分後

実験開始から30分が経過しました。

温度の変化を見てみましょう。

開始30分後の温度変化

サーモスのタンブラー  42度

陶器製のタンブラー   23度

ほぼ20度の差が出ています。

このとき、サーモスのタンブラーに入れたお湯からはまだ湯気が出ていました。

3.開始から1時間後

開始から1時間、

開始から1時間後の温度変化

サーモスのタンブラー  32度

陶器製のタンブラー   14度

1時間を経て、

サーモスのタンブラーは、陶器製のタンブラーの倍以上の温度で保つことが出来ています。

まだまだ十分、

あったかい飲み物を飲んでいるなぁ」

と、感じることができる温度です。

4.開始から1時間30分後

開始から1時間30分後の温度変化

サーモスのタンブラー  20.5度

陶器製のタンブラー   9度

開始から1時間30分後になると、陶器製のタンブラーの中のお湯はもはや水へと化してしました。

一方、サーモスのタンブラーはまだほんのりお湯。

これだけ温度が長持ちすると、温かい飲み物も十分楽しめますよね(^^)

私は毎朝のココアを今まで、この↓記事のようにマグカップで飲んでいました。

ゆるく気ままなカフェイン断ち。それでも、毎日のコーヒーの代わりにココアに替えて2か月経過後、体調明らかに改善した実話をまとめました。

しかし最近では、ココアもサーモスのステンレスタンブラーで飲んでいます。

ココアは20分もかからないくらいで飲み切ってしまうので、

飲み終わるまでずっとあったかーいココアで身体もじっくり温まりますよ(^_-)

お酒を飲む方は熱燗に。

普段の生活には、温かいお茶にも最適です。

・保冷にも優れている

スポンサーリンク

今回の実験は、保温効果を調べる実験でしたが保冷効果も優れています。

以前、夜にエス氏が氷を入れた焼酎の水割りをサーモスのタンブラーで飲んでいました。

そのまま片付けもせずに寝てしまったエス氏ですが、

朝になってもまだ、タンブラーの中に氷が残っているのを見て二人で驚きました。

タンブラーに蓋もしていない状態だったのにも関わらず、

氷が一晩経っても溶けない保冷力。

保温・保冷ともに素晴らしい機能です。

・用途は様々

サーモスのステンレスタンブラーは、使えるシーンが多いのも魅力的。

1.自宅で

自宅では、どんな飲み物でもこのタンブラーひとつで十分です。

夏にビールを飲むにも、サーモスのステンレスタンブラーだとぬるくなるのがゆっくりです。

そして、これは助かる!!という機能としてもうひとつ、

タンブラーの外側に結露がつかない!!

冷たい飲み物を注いでいるコップって、外側に水滴がつきますよね。

コースターを置いていても、コースターが濡れる。

コップを持った手が濡れる。

このサーモスのステンレスタンブラーは、結露がつかないので机もコップも濡れません。

コースターも不要!

2.キャンプ

キャンプなどアウトドアでも大活躍です。

せっかくのアウトドア、紙コップでは味気ない!

夏の野外、ぬるくなりがちな冷たい飲み物も

冬の野外、冷たくなりがちな温かい飲み物も、

これがあれば温度が保てるので、美味しさが続きますよ。

さらに、ガラスや陶器のように割れる心配もないので

移動中の持ち運びにも特別慎重になる必要もありません。

※よほど派手に転んだりぶつけたりには注意しましょう。

KIRA
こちら↓の記事もどうぞ♪
柳宗理のステンレスプレートは、調理にも食器としても大活躍!今では手放せないこのプレートの、我が家でのあらゆる使い方のお話です。

3.イベントに

パーティーやお祝いのイベントにも使えますね。

熱いもの、冷たいもの、など飲み物を選ばず使えるのでどんな飲み物にも対応できます。

また、見た目もスタイリッシュで、場の雰囲気やインテリアも邪魔しません。

せっかく素晴らしい機能があるのですから、見た目にもその場の雰囲気に合わせたいところ。

洋にも和にも違和感のない、シルバーのデザインが使いやすさを後押ししてくれています(^^)

・タンブラーのタイプ

タンブラーには、タイプがあります。

1.サーモス 真空断熱タンブラー 300ml

少し小さめの300ml。

見た目はマットなステンレスタイプです。

2.ちょうどいいサイズ、400ml

私が持っているのが、このタイプ。

私的には、容量がちょうどいいと思っています。 

こちらは2つセットなので、プレゼントにも喜ばれますね(^^♪

3.ステンレスミラー 400ml 

このタイプは、持ち手の部分が(タンブラー外側)ミラー状になっています。

こちらのミラー状よりは、マットなステンレスタイプのほうが私としては好みなのですが、

実際の使用感はというと、マットタイプは持ったときに、少し滑りやすい感覚はあります。

そういう意味では、ミラー状のほうが滑りにくいのかな、と思いますのでそのあたりはお好みで(^^)

・使用時の注意点

これと言って、重要な取り扱い方法はありませんが、しいて言うと先述したように

・マットタイプのものは持ったときにすべらないようにする

・高いところから落としたり、強い衝撃を与えない

といったところです。

・まとめ

今回の記事は、私が愛用するサーモスのタンブラーの魅力について語った、

”サーモスのタンブラーは保温効果がすごい!陶器タンブラーと比較してみてわかったこと。”

というお話でした(^^♪

今回の実験、サーモスのタンブラーと、陶器製のタンブラーの保温性の違いをまとめた表はこちらです。

サーモス タンブラー 陶器製 タンブラー
開始直後 71.5℃ 59.5℃
30分後 42.0℃ 23.0℃
1時間後 32.0℃ 14.0℃
1時間半後 20.5℃ 9.0℃

季節や飲み物の種類に関係なく、あらゆる場面で使えるサーモスのタンブラー。

今夜は、ウイスキーの湯割りをたしなむ予定です(゚∀゚)

専用のふたもあります(^^)/

KIRA
今日も読んでくださり、ありがとうございました!!
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

フォローする